実行委員会を始動しました!

こんにちは!

時間をみつけては88stationでマンガを読み漁っている高橋です(笑)

この度、Maple Marcheの実行委員会を立ち上げましたので、マルシェについて軽くブログにしていきます。

Maple Marcheについて

Maple Marcheとは

大津市の堅田で開催するマルシェとしては3番目になります。

もともとは一番最初にマルシェをしていた大津の森マルシェの主催をしていたのは私です。

その時から、マルシェの雰囲気とか人との出会いがとても好きでした。いつか、思いっきりマルシェをやりたいなと思っていました。

大学生の時にはライブやイベントの裏方サークルを立ち上げてイベントを開催していたこともあり、イベントを企画したり運営することが好きだった私が動かないわけがない、、ということで開催に向けて本格的に動き始めました。

開催趣旨

Maple Marcheの開催におけるポイントは3つあります。

  • MLGs
  • 観光地
  • 移住

それぞれ解説していきます。

MLGs

MLGsとは簡単に言うとSDGsに似たようなものです(雑)

マザーレイクゴールズ(Mother Lake Goals, MLGs)は、

「琵琶湖」を切り口とした2030年の持続可能社会へ向けた目標(ゴール)です。

MLGsは、琵琶湖版のSDGsとして、2030年の環境と経済・社会活動をつなぐ健全な循環の構築に向け、

琵琶湖を切り口として独自に13のゴールを設定しています。

マザーレイクゴールズHPより引用(https://mlgs.shiga.jp/mlgs)

マザーレイクゴールズの詳細はこちらからどうぞ

ちなみに、SLGsのそれが組織委員会が制定したものを強制的に実施することに対して、このMLGsは地域の皆さんで考えた内容を自分たちにできることから始める、という点に大きな違いがあります。

当マルシェではその中でも9番目にある【9.生業・産業に地域の資源を活かそう】という点に着目しています。

滋賀県には日本最大の湖である琵琶湖があります。その滋賀県の最大の特徴は水です。

琵琶湖に流れ込む数百とも言われる流入河川の周りには近江牛やお米、湖魚だけでなく、本当に多くの産業があります。

その滋賀県で出来た農水産物を活かしたマルシェをスタートしたい。そしてそれを自分たちだけでなく、もっと多くの人に知って欲しい。そんな想いもあります。

観光地

滋賀県の観光と言えば何が思い浮かぶでしょうか。

その時にパッと出てくるマルシェになるぐらいの規模(開催規模・来場者数ともに)にすることが目標です。

このマルシェを通して滋賀県を知って欲しい。そこを目指しています。いずれは毎年やってるあのマルシェ行ってみたいな!となるように頑張ります。

移住

このマルシェに行ってみたら?

そんなことが、移住を検討している方向けに不動産屋さんから紹介してもらえたらベスト。特に他府県からの移住を検討している人(中でも若手の子育て世代の皆さん)にはぜひ来ていただきたいです。

滋賀県にはこんなに魅力的な産業や人、コトがあるんだと知って欲しい。住みやすくて離れたくないなって思えるようになってほしい。

それこそ、アウトドアレジャーなんて一年中できますからね。その魅力だけでもアウトドア好きの僕は最大のメリットです。

そのためにも、体験コーナーや出し物はいろいろ考えています。

名前の由来

滋賀県最大級のマルシェにするので、滋賀県の木からいただきました。

滋賀県の木はもみじ=Mapleです。なので、Maple Marcheです。

マルシェの雰囲気って各マルシェで違うんですが、私が目指しているのは、大津の森マルシェの時から行ってますが【商店街】です。

地元の商店街ではいつものお肉屋さんでコロッケを買ったり、古本屋さんのおっちゃんと世間話をしたり、疲れたら喫茶店でコーヒーを飲んだり。そんな日常が商店街にはありました。

今は核家族化が進んでしまって、隣近所の人の顔ですら知らないことも多いこの時代だからこそ、商店街のような雰囲気のマルシェにすることで、ご近所さんと出会ったり、知人を紹介してもらえたりといったことにも自然と繋がると思います。

それこそ、子供の頃にこのような商店街で育った私だからこそ、良い意味で人間臭い、顔なじみの人はみんな家族のような雰囲気のマルシェにしたいなと考えています。出店者も参加者も運営者もみんなひっくるめて家族や親せきのような雰囲気で実家に帰ってきたような空気感になれば最高です。

概要

日時:7/17(日) ※現状ではまだ仮日程です

場所:県立春日山公園(詳細はこちら

出店ブース:クラフトブース(30店舗)、キッチンカー(15店舗)、こどもマルシェ(5店舗)、ワークショップブース(5店舗)などを予定

イベントステージ:イベントステージでは県や出店者からの出し物や高校生バンドによるライブやエンターテイメントなどをお届けします

実行委員会の組織

実行委員長・副委員長・会計以下には【事務局】【イベント】【マルシェ】【会場整理】【学生】といった組織で運営して参ります。

ありがたいことに、これらにはマルシェの出店者だったり、もともとは参加者だったり、同じ滋賀県に住んでいる仲間が力を貸してくれています。(超感謝)

今後、当ブログでもご紹介できたら良いなと思ってます!お楽しみに!!

今後の予定

出店者の募集は5月末~6月頭に開始の予定です。

また、実行委員だけでは人手が足りなくなると思うので、ボランティアスタッフも募集する予定です。

各SNSで告知だけでなく、県内にはポスターも貼っていけたらなと考えています。

では☆彡

おすすめの記事